ロゴ画像

メイン画像
2024/01月山行報告
行先
赤子谷左俣
日付
12月09日(土)
参加者12人

晴れ、JR生瀬出発。赤子谷左俣に入り、ヘルメット装着して堰堤を越ながら徐々に遡上する。 滝に出る、晴れ続きで水不足の日々だが水量まずまずだ。ゴルジュ手前の狭い谷は大崩落で大岩が折り重なり手足を広げて登る。暗くて狭いゴルジュは岩棚と水流部に分かれて各々慎重に通過する。 落ち葉が溜まってルートや水辺を隠して歩きづらい。急傾斜の崖ではナイロンロープを掴んでせりあがる緊張する所だが、全員頑張って無事登りきる。赤子谷左俣ゴールである鉄塔までの最後の急登がきつく、到着すると、歓声が広がり皆で喜び合った。2時間のコースだったが気の抜けない緊張の連続だった。早めの昼食を摂り縦走路を棚腰へ向かう。 棚腰ではKさんがロープを持って来て下さったのでロープワークをすることになった。イタリアンヒッチ(ムンターヒッチ又は半マスト)で懸垂下降をする。ワイワイ賑やかに練習できた。小笠峠まで急傾斜を下り、エデンの園がゴール。バスにて逆瀬川へ向かい解散した。

画像一覧